News


2017年10月23日


本研究室より,「足感覚まひ患者の歩行リハビリを支援する知覚共感ウェア」に関する論文が第38回バイオメカニズム学術講演会に採択されました.


本研究室所属の修士2年 齋地健太の「足感覚まひ患者の歩行リハビリを支援する知覚共感ウェア」に関する論文が,11月4~5日に大分・別府で行われる第38回バイオメカニズム学術講演会(SOBIM 2017) に採択されました.
タイトルは “片麻痺歩行リハビリにおける運動支援及び感覚支援を両立する運動・知覚統合支援装置の開発” です.





関係資料

「第38回バイオメカニズム学術講演会」

以上