News


2017年5月12日


日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会(ROBOMECH2017)において本研究室から8件の研究を発表しました.


5月10~12日に,ビッグパレットふくしまで開催された日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会(ROBOMECH2017)において本研究室から下記8件の研究をポスター形式で発表しました.




講演題目

  • 佐藤隆哉,亀﨑允啓,仁内智志,菅野重樹,岩田浩康,“災害対応重機の遠隔操作における操作者視点映像の事前提供による環境把握性効果の検証”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2017 in Fukushima,1P2-A02,2017年5月
  • 井上峻,津村遼介,岩田浩康,“CTガイド下穿刺ロボットのためのレジストレーションシステム~四方斜立角柱構造を有したマーカーのデザイン~”, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2017 in Fukushima,1A1-J03,2017年5月
  • 江藤孝紘,佐藤隆哉,仁内智志,中村早紀,亀﨑允啓,岩田浩康,“脚ロボットにおける連続的な移動・手先動作遷移に対応可能な遠隔操作インタフェースの開発”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2017 in Fukushima,1P1-Q04,2017年5月
  • 高田竜太,大西哲平,河田俊,岩田浩康,“スパイクレシーブにおけるスポーツビジョン向上を目的とした没入型3D-VR訓練システムの開発”, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2017 in Fukushima,2A2-E05,2017年5月
  • 高橋翔太,岩崎悠希子,中林幸輝,岩田浩康,“随意操作が可能な【第三の腕】に関する研究 ―第四報:目標物指示のための顔面ベクトル取得アイグラスの開発―”, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2017 in Fukushima,1P2-L08,2017年5月
  • 内藤 雄貴,津村 遼介,宮西 将生,竹内 里奈,岩田 浩康,“妊婦超音波検査支援ロボットの開発―体表面へのプローブの垂直接触性と接触安全性を両立する受動機構の提案―”, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2017 in Fukushima,1P1-J05,2017年5月
  • 中林幸輝,岩崎悠希子,高橋翔太,岩田浩康,“直感的な随意操作が可能【第三の腕】に関する研究 ― 第三報 :作業性と低侵襲を両立した装着型ロボットアームの設計手法 ―”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2017 in Fukushima,1P1-M09,2017年5月
  • 宮林駿, 隼田大輝, 岩瀬英治, 藤枝俊宣, 武岡真司, 大橋啓之, 佐藤慎, 黒岩繁樹, 門間聰之, 逢坂哲彌, 多和田雅師, 戸川望, 片岡孝介, 朝日透, 岩田浩康,“NFC 給電のみで動作可能なpH 測定デバイスの提案”, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2017 in Fukushima, 1A1-L10, 2017年5月



集合写真

関係資料

「ロボティクス・メカトロニクス講演会2017 in Fukushima」

以上