News


2016年9月5日


本研究室所属、修士1年の隼田大輝がチームメンバーとして所属する研究開発プロジェクトが、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)「大学発新産業創出プログラム(START) 技術シーズ選抜育成プロジェクト〔IoT分野〕」平成28年度新規研究開発課題に採択されました。

大学発新産業創出プログラム(START) 技術シーズ選抜育成プロジェクト〔IoT分野〕では、IoT関連の研究開発またはベンチャービジネスにおいて国内外で活躍する人材をメンターとして配置し、大学等の若手研究者チームがメンターの指導・助言の基で自らの技術シーズを基に試作品を製作します。さらに、試作品をSTARTの事業プロモーターに演示し、ベンチャーの起業等を目的とした研究開発につなげることを目的とします。



研究開発課題名称

皮膚健康モニタリング超薄膜

メンバー

  • チームリーダー
    片岡孝介(早稲田大学朝日研究室所属 博士1年)
  • チームメンバー
    隼田大輝(本研究室所属 修士1年)
    多和田雅師(早稲田大学戸川研究室所属 助教)
    佐藤慎(早稲田大学門間研究室 学部4年)
  • サポーター
    大橋啓之(早稲田大学 上級研究員/教授)
  • その他関係者
    岩田浩康(本研究室教授)
    宮林駿(本研究室所属 学部4年)
    黒岩繁樹(早稲田大学准教授)
    朝日透(早稲田大学教授)
    戸川望(早稲田大学教授)
    島岡未来子(早稲田大学准教授)
    竹山春子(早稲田大学教授)

関係資料

研究成果展開事業 大学発新産業創出プログラム(START) 技術シーズ選抜育成プロジェクト〔IoT分野〕 平成28年度新規研究開発課題の決定について
「JST大学発新産業創出プログラムIoT分野」にて、本学の学生2チームが採択 大学発の技術シーズ事業化で若き研究者に大きな期待
朝日研究室
戸川研究室
早稲田大学先進理工学部応用化学科応用物理化学研究室

以上