News


2015年12月14日


本研究室所属,修士課程2年生の竹内貴哉,保科智啓の2名が2015年9月7日~9日に九州産業大学で開催された生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会2015(LIFE2015)においてバリアフリーシステム開発財団奨励賞を受賞しました.


同連合大会の共同主催者、ライフサポート学会が年次大会の優秀論文発表者数名に送るもので、35歳以下の発表者が対象です。 事前審査でファイナリスト10名に選出され、さらに選奨委員による質疑を経て、優秀論文賞(5名)に選ばれました。



受賞題目

  • 「半側空間無視治療のための注意の解放と移動を促す視覚誘導システムの開発と臨床評価」(受賞者:竹内貴哉)
  • 「麻痺性尖足に対する背屈支援RTの臨床評価」(受賞者:保科智啓)



本研究室の受賞者(左:保科 右:竹内)

受賞者記念撮影


関係資料

一般財団法人 バリアフリーシステム開発財団
LIFE2015
ライフサポート学会

以上