Academic Year 2016

Refereed Conferences (International)

  • Kai Shitashima, Takabumi Watanabe, Hiroyasu Iwata, Effects on the Insertion Path of an Ultrafine Needle by Compression from an Ultrasonic Probe, The 6th International Conference on Advanced Mechatronics,1A1-04,December, 2015
  • Ryuya Sato, Mitsuhiro Kamezaki, Junjie Yang, Shigeki Sugano, Hiroyasu Iwata, Visual Attention to Appropriate Monitors and Parts Using Augmented Reality for Decreasing Cognitive Load in Unmanned Construction, The 6th International Conference on Advanced Mechatronics, 1A1-23, December, 2015
  • Ryosuke Sakamoto, Hiroyasu Iwata, Development of a Bio Feedback robot operated by simple movements to enhance the self-efficacy of dementia patients, The 6th International Conference on Advanced Mechatronics, 2A2-06, December, 2015
  • Shigeru Suzuki, Kazuhiro Yasuda, Tomohiro Hoshina, Hiroki Ohashi, Hiroyasu Iwata, Development of an artificial muscle-driven high-dorsiflexion support Robotics Technology adaptable to cadence by a low stiffness spring, The 6th International Conference on Advanced Mechatronics, 2A2-07, December, 2015
  • Suguru Kawata, Kazuhiro Yasuda, Hiroyasu Iwata, Development of set-form assist RT for improving the free throw technique, The 6th International Conference on Advanced Mechatronics, 2A2-10, December, 2015
  • Shuntaro Horikawa, Kazuhiro Yasuda, Naomi Kaibuki, Yu Kitaji, Hiroaki Harashima, Hiroyasu Iwata, Development of the Implicit Method that directs weight shifting to the affected side in stroke patients, The 6th International Conference on Advanced Mechatronics, 2A2-11, December, 2015
  • Z.TANG, S.SUGANO, H.IWATA: "An fMRI Pilot Study Evaluating Brain Activation During Different Finger Training Exercises," Proc. of IEEE/RAS-EMBS Int. Conf. on International Conference on Rehabilitation Robotics (ICORR ’2015), paper no. Singapore, Aug, 2015.
  • Z.TANG, S.SUGANO, H.IWATA: "Development and Evaluation of an MRI Compatible Finger Rehabilitation Device for Stroke Patients," Proc. of IEEE/RSJ Int. Conf. on Intelligent Robots and Systems (IROS'15), paper no. ThCT6.1, Hamburg, Oct., 2015
  • Junjie Yang, Mitsuhiro Kamezaki, Ryuya Sato, Hiroyasu Iwata, Shigeki Sugano: “Inducement of Visual Attention Using Augmented Reality for Multi-Display Systems in Advanced Tele-Operation," Proc. of IEEE/RSJ Int. Conf. on Intelligent Robots and Systems (IROS'15), paper no. ThCT15.2, Hamburg, Oct., 2015

Conferences (National)

  • 岡本麻鈴,武岡真司,岩瀬英治,岩田浩康,藤枝俊宣,多層電子回路基板としての応用に向けた高分子薄膜の絶縁性能評価,第65回高分子討論会,1G11,2016年9月
  • 田中元基,福嶋勇太,安田和弘,保科智啓,鈴木慈,大橋浩輝,岩田浩康,背屈・外反動作を独立に支援可能な内反尖足患者のための下腿フィッティング型足関節支援RTの開発,LIFE2016,no.10210,2016年9月
  • 齋地健太 ,安田和弘,北地雄,貝吹奈緒美,原島宏明,岩田浩康,触覚バイオフィードバックに基づく歩行リハビリ支援システム-第12報:足接地パターンの背部への振動付与に対する歩行適応過程の検証-,LIFE2016,no.10186,2016年9月
  • 安田和弘 ,室井大祐,大平雅弘,岩田浩康,半側空間無視の近位・遠位空間無視を統合的に治療可能な没入型VR治療システムの開発,LIFE2016,no.10128,2016年9月
  • 隼田大輝,岩瀬英治,藤枝俊宣,武岡真司,岩田浩康,高分子超薄膜に廉価に実装可能なRFIDの設計,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2016 in Yokohama,1A1-13a2,2016年6月
  • 岩﨑悠希子,渡辺貴文,岩田浩康,随意操作が可能な【第三の腕】に関する研究 ―第1報:顔面ベクトルによる目標物指示性のVR内における検証―,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2017 in Yokohama,1A2-14a7,2016年6月
  • 瀧下雄介,津村遼介, 福嶋勇太, 岩田浩康,回転・振動を付与した穿刺による組織損傷の組織学的分析,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 in Yokohama,1A2-02b1,2016年6月
  • 竹内里奈,石川牧子,木村由実,宮西将生,岩田浩康,オフライン妊婦健診システムのための二走行画像に基づく胎児画像再構築手法の提案,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2019 in Yokohama,1A2-02b2,2016年6月
  • 大西哲平,河田俊,安田和弘,岩田浩康,バットスイングにおける運動連鎖を支援する音声リズムBFデバイスの開発,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2020 in Yokohama,2P1-01b6,2016年6月
  • 田中元基,福嶋勇太,安田和弘,保科智啓,鈴木慈,大橋洋輝,岩田浩康,歩行時の背屈・外反動作を独立に支援可能な下腿フィッティング型足関節支援RTの開発,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2021 in Yokohama,2P1-01b6,2016年6月
  • 齋地健太,安田和弘,北地雄,貝吹奈緒美,原島宏明,岩田浩康,触覚バイオフィードバックに基づく歩行リハビリ支援システム-第11報:知覚共感ウェアによる片麻痺者への歩行介入-,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2022 in Yokohama,2P1-02b3,2016年6月

 Academic Year 2015

Refereed Conferences (International)

  • Kai Shitashima, Takabumi Watanabe, Hiroyasu Iwata, Effects on the Insertion Path of an Ultrafine Needle by Compression from an Ultrasonic Probe, The 6th International Conference on Advanced Mechatronics,1A1-04,December, 2015
  • Ryuya Sato, Mitsuhiro Kamezaki, Junjie Yang, Shigeki Sugano, Hiroyasu Iwata, Visual Attention to Appropriate Monitors and Parts Using Augmented Reality for Decreasing Cognitive Load in Unmanned Construction, The 6th International Conference on Advanced Mechatronics, 1A1-23, December, 2015
  • Ryosuke Sakamoto, Hiroyasu Iwata, Development of a Bio Feedback robot operated by simple movements to enhance the self-efficacy of dementia patients, The 6th International Conference on Advanced Mechatronics, 2A2-06, December, 2015
  • Shigeru Suzuki, Kazuhiro Yasuda, Tomohiro Hoshina, Hiroki Ohashi, Hiroyasu Iwata, Development of an artificial muscle-driven high-dorsiflexion support Robotics Technology adaptable to cadence by a low stiffness spring, The 6th International Conference on Advanced Mechatronics, 2A2-07, December, 2015
  • Suguru Kawata, Kazuhiro Yasuda, Hiroyasu Iwata, Development of set-form assist RT for improving the free throw technique, The 6th International Conference on Advanced Mechatronics, 2A2-10, December, 2015
  • Shuntaro Horikawa, Kazuhiro Yasuda, Naomi Kaibuki, Yu Kitaji, Hiroaki Harashima, Hiroyasu Iwata, Development of the Implicit Method that directs weight shifting to the affected side in stroke patients, The 6th International Conference on Advanced Mechatronics, 2A2-11, December, 2015
  • Z.TANG, S.SUGANO, H.IWATA: "An fMRI Pilot Study Evaluating Brain Activation During Different Finger Training Exercises," Proc. of IEEE/RAS-EMBS Int. Conf. on International Conference on Rehabilitation Robotics (ICORR ’2015), paper no. Singapore, Aug, 2015.
  • Z.TANG, S.SUGANO, H.IWATA: "Development and Evaluation of an MRI Compatible Finger Rehabilitation Device for Stroke Patients," Proc. of IEEE/RSJ Int. Conf. on Intelligent Robots and Systems (IROS'15), paper no. ThCT6.1, Hamburg, Oct., 2015
  • Junjie Yang, Mitsuhiro Kamezaki, Ryuya Sato, Hiroyasu Iwata, Shigeki Sugano: “Inducement of Visual Attention Using Augmented Reality for Multi-Display Systems in Advanced Tele-Operation," Proc. of IEEE/RSJ Int. Conf. on Intelligent Robots and Systems (IROS'15), paper no. ThCT15.2, Hamburg, Oct., 2015

Conferences (National)

  • 佐藤 隆哉,亀崎 允啓,楊 俊傑,菅野 重樹,岩田 浩康,拡張現実感を利用した複数の視線誘導手法による遠隔操作者の認知負荷軽減に関する研究,第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,3G1-2,2015年12月
  • 木村 由実,石川 牧子,岩田 浩康, 超音波検査支援ロボットを用いた自動妊婦健診サービスの研究, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,2B2-5, 2015年12月
  • 河田 俊,安田 和弘,岩田 浩康,セット・フォーム習得支援RTがフリースロー軌道のばらつきに与える影響の検証,第6回スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス2015,C-19,2015年11月
  • 鈴木 慈,保科 智啓,安田 和弘,福嶋 勇太,大橋 洋輝,岩田 浩康,低剛性ばねと人工筋肉を併用した高背屈支援RTにおける足関節挙動への影響の検証,第6回スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス2015,A-3,2015年11月
  • 保科智啓,安田和弘,鈴木慈,大橋洋輝,岩田浩康:麻痺性尖足に対する背屈支援RTの臨床評価,第31回ライフサポート学会大会,1F1-06,2015年9月
  • 竹内貴哉,安田和弘,姫野好美,中村幸浩,黒木洋美,岩田浩康:半側空間無視治療のための注意の解放と移動を促す視覚誘導システムの開発と臨床評価,第31回ライフサポート学会大会,2F1-03,2015年9月
  • 宮西 将生, 木村 由実, 石川 牧子, 岩田 浩康:妊婦超音波検査支援ロボットの妊婦腹部形状対応機構の開発,第33回日本ロボット学会学術講演会,1J1-02,2015年9月
  • 下島海,渡辺貴文,岩田浩康:超音波プローブの押しつけによる極細針の穿刺パスへの影響,日本機械学会ロボット・メカトロニクス講演会2015,1P1-C09,2015年5月
  • 渡辺貴文,鈴木智也,岩田浩康:CT-USの相補利用による体内組織の実時間トラッキング手法の開発,日本機械学会ロボット・メカトロニクス講演会2015,1P1-D04, 2015年5月
  • 鈴木慈,安田和弘,保科智啓,大橋洋輝,岩田浩康:低剛性ばねによりケイデンスに対応可能な人工筋肉駆動型高背屈支援RT二号機の開発,日本機械学会ロボット・メカトロニクス講演会2015,1P2-L09,2015年5月
  • 亀﨑允啓,佐藤隆哉,楊俊傑,岩田浩康,菅野重樹:遠隔重機作業の高度化に関する件研究-拡張現実感を利用した映像の注視・解釈支援手法の開発-,日本機械学会ロボット・メカトロニクス講演会2015,2P1-P04,2015年5月
  • 堀川峻太郎,安田和弘,貝吹奈緒美,北地雄,原島宏明,岩田浩康:足圧中心位置の振動BFデバイスを用いた片麻痺歩行訓練に関する研究-荷重感覚の丁度可知差異を利用した麻痺側への非明示的加重誘導手法-,日本機械学会ロボット・メカトロニクス講演会2015,1P2-M01,2015年5月
  • 河田俊,安田和弘,岩田浩康:フリースロー技能向上のためのBF型セットフォーム矯正デバイスの開発,日本機械学会ロボット・メカトロニクス講演会2015,1P2-H09,2015年5月
  • 坂本凌佑,岩田浩康:認知症患者の自己効力感を高める身体運動操作ロボットシステムの開発,日本機械学会ロボット・メカトロニクス講演会2015,1P2-E08,2015年5月

 Academic Year 2014

Refereed Papers

  • M.KAMEZAKI, H.IWATA, S.SUGANO: "Time-Series Primitive Static States for Detailing Work State and Flow of Human-Operated Work Machine,”Advanced Robotics," The Robotics Society of Japan, Volume 28, Issue 20, pp. 1357-1374 , 2014
  • 安田和弘,佐藤 勇起,貝吹 奈緒美,原島 宏明,新見 昌央,岩田浩康,「脳卒中による重度深部覚障害例に対する体感型バイオフィードバック装置の使用経験 -足圧中心位置を振動呈示することで体性感覚情報を補完するヒューマン・マシン・インターフェースの開発-」,脳科学とリハビリテーション,vol.14,pp.9-18 2014

Non-refereed Paper

  • 岩田浩康,石川牧子,「遠隔操作・自動走査が可能なエコー診断支援ロボット」,未来型心血管エコーへの提案,第25回日本心エコー図学会学術集会抄録集,p.135,2014年4月

Conferences (International)

  • M.KAMEZAKI, H.IWATA, S.SUGANO: "An Adaptive Basic I/O Gain Tuning Method Based on Leveling Control Input Histogram for Human-Operated Machines," Proc. of IEEE/RSJ Int. Conf. on Intelligent Robots and Systems (IROS'14), Chicago, Sep., 2014
  • H.IWATA,K.YASUDA: "Validation of Vibro-biofeedback Techonology based Balance Training System in Healthy Adults," Proc. of 2014 Proc. of the SICE Annual Conference 2014, Sep. 2014
  • J.YANG, M.KAMEZAKI, H.IWATA,S.SUGANO: "Analysis of Effective Environmental-Camera Images Using Virtual Environment for Advanced Unmanned Construction," Proc. of 2014 IEEE/ASME Int. Conf. on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM’14), Besançon, France, Jul. 2014
  • M.KAMEZAKI, J.YANG, H.IWATA, S.SUGANO: “An Autonomous Multi-Camera Control System Using Situation-Based Role Assignment for Tele-Operated Work Machines,” Proc. of IEEE Int. Conf. on Robotics and Automation (ICRA’ 14), Hong Kong, May 31st -Jun 5th , 2014

Conferences (National)

  • 津村 遼介,石川 牧子,渡辺貴文,岩田 浩康,“下腹部へのCTガイド下穿刺支援ロボット -振動・回転動作を併用した極細針のたわみ抑制手法の構築-”,第20回ロボティクスシンポジア講演論文集,長野,2015年3月
  • 津村 遼介,石川 牧子,渡辺貴文,岩田 浩康,“極細針を用いた下腹部穿刺の針変形における針先端形状の影響の比較評価”,第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演論文集,2M3-3,東京,2014年12月
  • 津村 遼介,石川 牧子,岩田 浩康,“極細針を用いたCTガイド下穿刺支援ロボットの開発 -複合組織における針変形の抑制-”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014 講演会講演論文集,3P1-D03,富山,2014年5月
  • 木村由実,アブドルリフキ,石川牧子,岩田浩康,“妊婦超音波検査支援ロボットの開発 -腹部形状への適応性-”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014 講演会講演論文集,3P1-G01,富山,2014年5月
  • 保科智啓,安田和弘,大橋洋輝,岩田浩康,“高背屈性とロッカーファンクションを両立させた人工筋肉駆動型背屈支援RT”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014 講演会講演論文集,3P2-C03,富山,2014年5月
  • 竹内貴哉,安田和弘,佐藤勇起,後濱龍太,黒木洋美,岩田浩康,"注意の解放と移動を促す視覚誘導型 USN治療支援システムの試作",日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2014講演会講演論文集, 3P2-G02,富山, 2014年5月

Patent

  • 特願2014-107600,“注意再獲得支援システム、訓練用画像生成装置及びそのプログラム”,平26.5.23,学校法人早稲田大学(発明者:岩田浩康),東京都立産業技術研究センター(発明者:後濱龍太)

Other

    平成25年度ロボット実証実験支援事業 結果報告集,「遠隔操作による超音波診断ロボット」(早稲田大学 創造理工学部),神奈川県産業振興課,p.6,2014年5月

 Academic Year 2013

Refereed Papers

  • K.YASUDA, Y.SATO, N.IIMURA, H.IWATA: “Allocation of Attentional Resources toward a Secondary Cognitive Task Leads to Compromised Ankle Proprioceptive Performance in Healthy Young Adults,” Rehabilitation Research and Practice, vol. 2014, Article ID 170304, 7 pages, 2014. doi:10.1155/2014/170304 2014.1
  • K.YASUDA, Y.SATO, N.IIMURA, H.IWATA: "Novel supplementary tactile biofeedback system providing online center of foot pressure displacement for balance training rehabilitation: a preliminary study, " International Journal of Physical Medicine & Rehabilitation, vol.1, no.148, doi:10.4172/2329-9096.1000148, 2013
  • 菅野重樹,岩田浩康,菅岩泰亮,「人間共存ロボットTWENDY-ONE によるコンプライアントマニピュレーション」,日本ロボット学会誌,日本ロボット学会,vol.31,no.4, pp.29-34 , May., 2013
  • Z.TANG, S.SUGANO, H.IWATA: "Magnetic Resonance Compatible Hand Rehabilitation Robot, " Int. J. Mechatronics and Automation, Inderscience Enterprises Ltd., vol.3, no.2, pp. 132-140, Apr., 2013

Non-refereed Papers

  • 岩田浩康,菅野重樹,中村京太,春成伸之,森村尚登,「FAST感度向上のためのエコー画像処理に基づく内出血貯留域の抽出」,日本救急医学会雑誌,vol.24, no.8 p.609, O96-5,2013年8月
  • 岩田浩康,菅野重樹,「低輝度領域と臓器境界線の画像識別に基づく内出血領域抽出手法」,日本コンピュータ外科学会誌 第22回日本コンピュータ外科学会大会特集号,pp.94-95,vol.15,no.2,2013年9月
  • 原田達也,大武美保子,岩田浩康,杉原知道,山下淳,岡田彗,十倉征司,金岡克弥,栗田雄一,山野辺夏樹,鍋蔦厚太,安藤健,新妻実保子,松下光太郎,門田和雄 (日本ロボット学会次世代構想分科会),「日本ロボット学会の次世代構想」,日本ロボット学会誌,vol.30,no.10,pp.98-108,2013年

Conferences (International)

  • M.KAMEZAKI, G. A. Dominguez, J.YANG, H.IWATA, S.SUGANO: “Development of a Tele-Operation Simulator Based on Virtual Reality Environment for Advanced Unmanned Construction,” Proc. of 2013 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII 2013), paper no.TP1-I.2, Kobe, Dec., 2013
  • M.KAMEZAKI, H.IWATA, S.SUGANO: "Practical Object-Grasp Estimation without Visual or Tactile Information for Heavy-Duty Work Machines," Proc. of IEEE/RSJ Int. Conf. on Intelligent Robots and Systems (IROS'13), pp.3210-3215, Tokyo, Nov., 2013
  • K.KOJIMA, T.SATO, A.SCHMITZ, H.ARIE, H.IWATA. S.SUGANO: "Sensor Prediction and Grasp stability Evaluation for In-Hand Manipulation," Proc. of IEEE/RSJ Int. Conf. on Intelligent Robots and Systems (IROS'13), pp.2479-2484, Tokyo, Nov., 2013
  • A.Rifqi, K.ITO, S.SUGANO, H.IWATA: "Internal Bleeding Detection based on Extraction of Low-brightness Areas around Organ Boundary, " Proc. of the 9th Asian Conference on Computer Aided Surgery (ACCAS13), pp.54-55 (paper no.S2-02), Tokyo, Sep. 2013
  • M.KAMEZAKI,H.IWATA,S.SUGANO:“An Object Grasp Motion Model using Control Signal and Cylinder Pressure in Demolition Machines for Disaster Response Work”,Proc. of the SICE Annual Conference 2013, paper no. 629, Nagoya, Sep.14-17,2013
  • Z.TANG, S.SUGANO, H.IWATA: "An one DOF Finger Rehabilitation Device Driven by Ultrasonic Motor," Proc. of IEEE/ASME Int. Conf. on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM2013), paper no.ThAT2.5, Wollongong, Jul. 2013
  • Z.TANG, S.SUGANO, H.IWATA: "A Finger Exoskeleton for Rehabilitation and Brain Image Studies, " Proc. of IEEE Int. Conf. on Int. Conf. on Rehabilitation Robotics (ICORR2013), paper no.A20, Seattle, Jun. 2013
  • M.KAMEZAKI, H.IWATA, S.SUGANO: "Visualization of Comprehensive Work Tendency Using End-Point Frequency Map for Human-Operated Work Machines," Proc. of IEEE Int. Conf. on Robotics and Automation (ICRA' 13), pp.752-757, Karlsruhe, May, 2013
  • H.IWATA, "Emergency Medicine Assistive Robot Technology for Non-Invasive Bleeding Search," Minisymposium on Robot Technology for Advanced Medicine and Healthcare, IEEE Int. Annual Conf. on Engineering in Medicine and Biology (EMBC2013), Osaka University, Jul. 7th, 2013
  • Y.SATO, K.YASUDA, N.IIMURA, H.IWATA: "Effects of Vibrotactile-biofeedback Device on Postural Stability Without Visual Information in Healthy Young Adults, " Proc. of the 17th Annual Meeting of the Association for the Scientific Study of Consciousness (ASSC17), p.105 (paper no.P1-079), San Diego, Jul. 2013
  • K.YASUDA, Y.SATO, N.IIMURA, H.IWATA: "Dual-task effect on proprioceptive position-matching task by young healthy adults, " Proc. of the 21st Int. Conf. of Int. Society for Posture & Gait Research, paper no. P3-N-234, pp.20-21, Akita, Jun. 2013
  • Y.SATO, K.YASUDA, N.IIMURA, H.IWATA: "Undershooting of target angles in a joint position matching task derives from passive movement in the position memory phase, " Proc. of the 21st Int. Conf. of Int. Society for Posture & Gait Research, paper no. P4-B-52, pp.20-21, Akita, Jun. 2013

Conferences (National)

  • 亀﨑允啓,楊 俊傑,岩田浩康,菅野重樹,「遠隔操作シミュレータを用いた無人化重機作業の時間効率性に関する基礎分析」,第14回SICE システムインテグレーション部門講演会 (SI2013),paper no. 3A3-1,東京,2013年12月
  • 柯強,楊俊傑,岩田浩康,菅野重樹,「移動型ロボットの段差乗り越えの基礎検討」,第14回SICE システムインテグレーション部門講演会 (SI2013),paper no. 2E1-4,神戸,2013年12月
  • 小島康平,佐藤高志,有江浩明,Alexander SCHMITZ,岩田浩康,菅野重樹,「機械学習を用いた接触状態推定と評価に基づく操り動作計画法の提案」,第14回SICE システムインテグレーション部門講演会 (SI2013),paper no. 3H3-4,神戸,2013年12月
  • 岩田浩康,佐藤勇起,安田和弘,「重心偏在を体性感覚で感知させるBF型重心バランス訓練システムの開発」,第14回SICE システムインテグレーション部門講演会 (SI2013),paper no. 3F1-4,神戸,2013年12月
  • 岩田浩康,安田和弘,佐藤勇起,「装着容易性と刺激識別性を両立可能な知覚共感ウェアの設計」,第14回SICE システムインテグレーション部門講演会(SI2013),paper no.3F1-5,神戸,2013年12月
  • アブドル リフキ ワリド,菅野重樹,岩田浩康,「確率的パターンマッチングに基づく血流量計測のための血管分岐位置同定システム」,第14回SICE システムインテグレーション部門講演会 (SI2013),paper no. 3F2-4,神戸,2013年12月
  • 岩田浩康,岩見雅人,金原秀行,荻原直道,中村美緒,二瓶美里:パネラー,【特別企画 大討論会】「バイオメカニズムでキャッチする!!えっ!何を?―異分野交流からの創発に向けて―」,オーガナイザー:持丸正明,木塚朝博,井上剛伸,廣瀬秀行,第34回バイオメカニズム学術講演会予稿集,pp.1-2,埼玉,2013年11月
  • 岩田浩康,菅野重樹,「療法士・片麻痺者間で接地感覚を共有可能な知覚共感ウェアの設計」,第34回バイオメカニズム学術講演会予稿集,pp.47-48(B1-1-1),埼玉,2013年11月
  • 岩田浩康,菅野重樹,中村京太,春成伸之,森村尚登,「FAST感度向上のためのエコー画像処理に基づく内出血貯留域の抽出」,第41回日本救急医学会総会・学術集会,pp.609, O96-5,東京,2013年10月
  • 佐藤高志,小島康平,有江浩明,Alexander SCHMITZ,岩田浩康,菅野重樹,「統計解析による対象物サイズに非依存な操り安定性評価指標の選定手法の提案」,第31回日本ロボット学会学術講演会論文集 (RSJ'13),paper no. 3G1-3,東京,2013年9月
  • 野久陽介,高橋城志,藤倉理詠,小島康平,Alexander SCHMITZ,岩田浩康,菅野重樹,「受動柔軟ハンドの操りにおける誤差許容性の高い姿勢経由による把持力安定化」,第31回日本ロボット学会学術講演会論文集 (RSJ'13),paper no. 3G3-7,東京,2013年9月
  • 亀﨑允啓,橋本諭,岩田浩康,菅野重樹,「負荷変化率を用いた操作入力の無効化による双腕引き剥がし作業の安全性向上」,第31回日本ロボット学会学術講演会論文集 (RSJ'13),paper no. 1H3-7,東京,2013年9月
  • 岩田浩康,菅野重樹,「自己受容覚・逆モデルの個別更新を可能とする運動学習手法の評価」,第23回バイオメカニズム・シンポジウム予稿集,バイオメカニズム学会,pp.281-290,京都,2013年7月
  • 亀﨑允啓,石井孝洋,岩田浩康,菅野重樹,「操作型作業機械の知能化に関する研究 ~第10報:手先の外力・移動方向を用いた物体把持推定の高精度化~」,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2013論文集 (Robomec'13),paper no. 1A1-Q10,2013年5月
  • 岩田浩康,飯村直之,佐藤勇起,安田和弘,菅野重樹,「触覚バイオフィードバックに基づくリハビリ歩行支援システム ~第10報:知覚共感ウェアの提案~」,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2013論文集 (Robomec'13),paper no. 1A2-D05,2013年5月
  • 伊藤慶一郎,菅野重樹,岩田浩康,「内出血貯留箇所探索に基づく救急診断支援システムに関する研究」,第57回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI'13),paper no. 126-2,2013年5月
  • 高橋城志,尾形哲也,岩田浩康,菅野重樹,「全探索と人間のアフォーダンスとの定量的差異の検証」,日本赤ちゃん学会,第13回学術集会,P-43,福岡,2013年5月
  • 安田和弘,佐藤勇起,飯村直之,岩田浩康,「足圧中心位置の振動刺激によるバイオフィードックはヒト空間定能力を向上させか?」,第20回脳機能とリハビリテーション研究会抄録集,p.6,Apr. 21st , タワーホール船堀,千葉,2013年4月

Demonstrations

  • パラメディカル勉強会,「高背屈性とロッカー機能を両立した下垂足抑制RT」,参加者15名,秋葉病院,2014年3月18日
  • ロボット実証実験公開デモ,「遠隔操作による超音波診断ロボット」,黒岩知事によるブース視察および5分程度の説明+ディスカッション+メディア取材,参加者200名,神奈川県産業技術センター,2014年3月3日
  • ロボット実証実験,「遠隔操作による超音波診断ロボット」,NHK・日本経済新聞社からの取材,参加者25名,神奈川県産業技術センター,2014年1月29日
  • ブース出展,「片麻痺リハにおけるPatient-in-loop 治療のための知覚共感ウェア」,システム・コントロール・フェア2013 (SCF2013),参加者47,529名,東京ビッグサイト,2013年11月6~8日
  • ブース出展,「モバイル端末による遠隔操作が可能な超音波診断ロボット」,国際ロボット展(iREX),神奈川県産業振興課の出展ブース,参加者103,804名,東京ビッグサイト,2013年11月8日
  • ブース出展,「非侵襲に内出血の抽出が可能なモバイル端末操作型エコー遠隔診断ロボット」,BioJapan 2013 World Business Forum,参加者12,487名,パシフィコ横浜,2013年10月9~11日
  • ブース出展,「仮想と現実のフュージョン ~ARを体験しよう!~」,大学進学フェスタ2013,神奈川新聞社・中萬学院,参加者6,078名,パシフィコ横浜,神奈川,2013年9月23日
  • ブース出展,「ブラシが走り出す? ~お掃除もできるデコロボを作ってみよう~」,大学進学フェスタ2013,神奈川新聞社・中萬学院,参加者6,078名,パシフィコ横浜,神奈川,2013年9月23日
  • ブース出展,「ビジュアルいりゅ~じょん ~あなたは本当に「見えて」いる?~」,大学進学フェスタ2013,神奈川新聞社・中萬学院,参加者6,078名,パシフィコ横浜,神奈川,2013年9月23日
  • ブース出展,「20分で卓上の電子オルガンが 作れちゃう?!」,大学進学フェスタ2013,神奈川新聞社・中萬学院,参加者6,078名,パシフィコ横浜,神奈川,2013年9月23日
  • ブース出展,「転倒予防のための重心バランス・トレーニング・システム」,医療分野「W-23」,イノベーションジャパン2013-大学見本市,内閣府・JST・NEDO,参加者21,010名,東京国際フォーラム,2013年8月29日~30日
  • ブース出展,「救急救命ロボット」,早稲田大学 オープンキャンパス,早稲田大学 理工学術院,参加者10,957名,早稲田大学西早稲田キャンパス,東京,2013年8月3日~4日
  • ブース出展,「モバイル端末で操作可能な超音波遠隔診断ロボットの実用化に向けて」,岩田浩康研究室,テクノトランスファーinかわさき,神奈川サイエンスパーク,参加者1,000名,東京,2013年7月10日

Invited Lectures

  • 岩田浩康,パネラー,パネルディスカッション 「若手・女性研究者が輝く2030年」,NEXT研究者の代表として岩田が手掛ける研究紹介に加え2030年に拓かれるべきロボット研究を大胆に予測,FIRSTシンポジウム「科学技術が拓く2030年」へのシナリオ,日本学術振興会(早稲田総研イニシアティブ),ベルサール新宿グランド,2014年2月28日
  • 岩田浩康,石川牧子,遠隔操作による超音波診断ロボット,「ロボット実証実験実施結果報告会2」,かながわロボットミーティング,神奈川県,厚木商工会議所,2014年2月28日
  • 岩田浩康,「日本ロボット学会の将来構想分科会からの提言~学会誌,査読,学術講演会,権威化~」,パネラー,パネルディスカッション:スペシャルセッション『日本ロボット学会の次世代構想』,第30回日本ロボット学会学術講演会,札幌コンベンションセンター,2013年9月20日
  • 岩田浩康,「人を幸せにするロボットの在り方とは?」,早稲田大学オープンカレッジ「最新!早稲田のロボット学」,早稲田大学エクステンションセンター早稲田校,東京,2013年8月6日
  • 岩田浩康,「世界初!救急救命ロボット(その2)」,早稲田大学オープンキャンパス 模擬講義,早稲田大学 西早稲田キャンパス,東京,2013年8月4日
  • 岩田浩康,「人と共生するロボット開発最前線(その2)」,早稲田大学オープンキャンパス 模擬講義,早稲田大学 西早稲田キャンパス,東京,2013年8月4日
  • 岩田浩康,「世界初!救急救命ロボット(その1)」,早稲田大学オープンキャンパス 模擬講義,早稲田大学 西早稲田キャンパス,東京,2013年8月3日
  • 岩田浩康,「人と共生するロボット開発最前線(その1)」,早稲田大学オープンキャンパス 模擬講義,早稲田大学 西早稲田キャンパス,東京,2013年8月3日
  • 岩田浩康,「最先端研究:リハビリ支援ロボット」,早稲田大学オープンカレッジ「最新!早稲田のロボット学」,早稲田大学エクステンションセンター早稲田校,東京,2013年7月30日
  • 岩田浩康,「世界初の試み:救急救命支援ロボット」,早稲田大学オープンカレッジ「最新!早稲田のロボット学」,早稲田大学エクステンションセンター早稲田校,東京,2013年7月23日
  • 岩田浩康,「モバイル端末で操作可能な超音波診断ロボットの実用化に向けて」,テクノトランスファーinかわさき 技術提供セミナー,神奈川サイエンスパーク,東京,2013年7月10日
  • 岩田浩康,「人の巧みさに迫る ~ロボットハンドの開発~」,早稲田大学オープンカレッジ「最新!早稲田のロボット学」,早稲田大学エクステンションセンター早稲田校,東京,2013年7月9日

News Articles / Reports / Interviews

  • 岩田浩康,「超音波診断ロボットの遠隔操作実験を実施」,大学の今を知るNews Report,CAMPUS NOW 2014早春号,早稲田大学,no.210,p.4,2014年3月
  • 岩田浩康,「物理的な距離を越えた治療ができる未来を目指して」,Special Report~人とロボットの幸せな未来へ~,CAMPUS NOW2014新年号,早稲田大学,no.209,p.11,2014年1月
  • 岩田浩康,「ヒューマンインタフェースシンポジウム2013報告 企業展示」,ヒューマンインタフェース学会誌, ヒューマンインタフェース学会,vol.15,no.4, p.348,2013年11月
  • 岩田浩康,「次世代医療に生かす各分野の先端技術 ロボット工学」,Special Edition Part2,早稲田理工PLUS2014,朝日新聞出版,no.209,pp.18-19,2014年3月
  • 日経産業新聞,「遠隔地から胎児診断.早大、超音波検査ロボ試作」,10面,日経産業新聞,2014年2月4日
  • 日経産業新聞,「体の重心バランス訓練.早大が装置、リハビリに.偏ると振動で伝達」,10ページ(746文字,提供写真2枚掲載),日経産業新聞,2013年9月10日
  • 日経産業新聞,「足感覚まひ患者のリハビリ。正しい歩き方,装置で共有」,11ページ(808文字,提供写真2枚掲載),2013年8月29日
  • NHK,おはよう日本,「ロボットを遠隔操作し妊婦を超音波検査」7:57~7:58(1分間),2014年1月30日
  • テレビ朝日,【ヨシズミアカデミ】コーナー,モーニングバード,「命を救える可能性を高める“最新医療支援システム”」,9:30~9:32(2分間),2013年12月23日
  • テレビ東京,【トレたま】コーナー,ワールド・ビジネス・サテライト,「ベルトを巻いてバランストレーニング」,23:30~23:33(3分間),2013年9月19日
  • 神奈川県ホームページ,「遠隔操作による超音波診断ロボット(早稲田大学)」,2014年3月31日配信中 
    http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f430080/p781890.html
  • 早稲田大学ホームページ,「遠隔地から妊婦を超音波診断.理工・岩田准教授、医療分野のロボット実証実験を実施」2014年3月31日配信中
    http://www.waseda.jp/jp/news13/140205_roboope.html
  • イノベーションジャパン2013-大学見本市,2014年3月31日配信中 
    http://www.jst.go.jp/tt/fair/ij2013/exhibitors_page/en10561.html
  • マイナビニュースのホームページ,「早大、妊婦用「超音波診断ロボット」の実証実験を実施」,2014年2月6日配信
    http://news.mynavi.jp/news/2014/02/06/100/

Patent

  • 特願2013-241895,“運動支援システム及び運動支援プログラム”,平25.11.22,学校法人早稲田大学(発明者:岩田浩康),東京都立産業技術研究センター(発明者:後濱龍太)

 Academic Year 2012

Refereed Papers

  • 朝山智史,伊藤慶一郎,鶴田功一,菅野重樹,中村京太,岩田浩康,「体幹設置型遠隔診断エコーデバイスにおける人体装着機構に応じた装着容易性と安定性の比較評価」,計測自動制御学会論文集SI特集号,vol.49,no.1,pp.86-92,2013年1月
  • 伊藤慶一郎,鶴田功一,菅野重樹,中村京太,竹内良平,岩田浩康,「体幹装着型遠隔超音波診断システムの世界初の具現化に向けた改良と移動体搬送下における診断試験結果の報告」,消研輯報,総務省消防庁 消防大学校 消防研究センター,vol.65,pp.95-103,2013年3月
  • M.KAMEZAKI, H.IWATA, S.SUGANO: “Quantification of Comprehensive Work Flow Using Time-Series Primitive Static States for Human-Operated Work Machine,” Proc. of IEEE Int. Conf. on Robotics and Automation (ICRA’ 12), May., 2012
  • K.ITO, S.SUGANO, R.TAKEUCHI, K.NAKAMURA, H.IWATA: “Usability and performance of a wearable tele-echography robot for focused assessment of trauma using sonography,” Medical Engineering & Physics, On-line Journal, http://dx.doi.org/10.1016/j.medengphy.2012.04.011, Apr., 2012
  • 伊藤慶一郎,菅野重樹,中村京太,竹内良平,岩田浩康:内出血患者の救命を支援する迅速簡易超音波検査のための体幹装着型ロボットシステム,バイオメカニズム21,43-53,2012
  • M.KAMEZAKI, H.IWATA, S.SUGANO:A Pragmatic Load Detecting System Based on Uncertainty Evaluation for Construction Manipulator,SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration (SICE JCMSI),vol.5,no.6,pp.366–373,2012
  • K. ITO, T. ASAYAMA S. SUGANO, H. IWATA:A Blood Flow Measurement Robotic System: Ultrasound Visual Serving Algorithms under Pulsation and Displacement of an Artery,Journal of Robotics and Mechatronics,vol.24,no.5,pp.773-781,2012
  • K.ITO, S.SUGANO, R.TAKEUCHI, K.NAKAMURA, H.IWATA:Usability and Performance of a Wearable Tele-Echography Robot for Focused Assessment of Trauma Using Sonography,Journal of Medical Engineering & Physics, On-line Journal,vol.35,no.2,pp.165-171,2012

Conferences (International)

  • Z. TANG, S. SUGANO, H. IWATA:Mechanical Design of a Magnetic Resonance Compatible Device Used for Finger Rehabilitation and Brain Imagine Studying,Proceeding of 2012 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (ROBIO'12),Th2-5-4,2012,12
  • W. WANG, Z. ZHANG, Y. SUGA, H. IWATA, S. SUGANO:Intuitive Operation of A Wheelchair Mounted Robotic Arm for The Upper Limb Disabled: The Mouth-only Approach,Proceeding of 2012 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (ROBIO'12),Th1-7-5,2012,12
  • K. ITO, S. SUGANO, H. IWATA:Internal Bleeding Detection Algorithm Based on Determination of Organ Boundary by Low-Brightness Set Analysis,Proceeding of 2012 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS'12),4131-4136,2012,10
  • K. ITO, K. TSURUTA, S. SUGANO, H. IWATA:Noninvasive Internal Bleeding Detection Method by Measuring Blood Flow under Ultrasound Cross-Section Image,Proceeding of 34th Annual International IEEE Engineering in Medicine and Biology Society Conference (EMBC'12),3191-3194,2012,8
  • K. ITO, S. SUGANO, H. IWATA:Organ Boundary Determination Algorithm for Detecting Internal Bleeding Detection,Proceeding of 34th Annual International IEEE Engineering in Medicine and Biology Society Conference (EMBC'12),3183-3186,2012,8
  • Z. TANG, S. SUGANO, H. IWATA:Design of an MRI Compatible Robot for Finger Rehabilitation,Proceeding of 2012 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation (ICMA'12),611-616,2012,8
  • W. WANG, Y. SUGA, H. IWATA, S. SUGANO:Solve Inverse Kinematics Through A New Quadratic Minimization Technique,Proceeding of 2012 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM'12),306-313,2012,7
  • K. ITO, T. ASAYAMA, S. SUGANO, H. IWATA:Blood Flow Measurement System Using Ultrasound Doppler under Non-periodic Displacement of an Artery,Proceeding of 2012 IEEE International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics (BioRob'12),781-786,2012,6
  • M. KAMEZAKI, H. IWATA, S. SUGANO:Quantification of Comprehensive Work Flow Using Time-Series Primitive Static States for Human-Operated Work Machine,Proceeding of 2012 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA'12),4487–4492,2012,5

Conferences (National)

  • 伊神克哉,市川健太郎,高橋城志,早川正一,袁 国良,Moondeep Chandra Shrestha,岩田浩康,菅野重樹:人間とロボットとの協調移動制御 ~人間の抵抗に応じて接触による働きかけと回避を行う移動調整手法~,第13回SICE システムインテグレーション部門講演会 (SI2012),3N2-6,2012,12月
  • 亀﨑允啓,楊俊傑,小坂拓未,岩田浩康,菅野重樹:複雑作業への適応を目的とした無人化重機の遠隔操作シミュレータ,第13回SICE システムインテグレーション部門講演会 (SI2012),3I1-4,2012,12月
  • 岩田浩康,菅野重樹:自己受容覚モデルの独立更新・評価を可能とする知覚支援RTを用いた運動学習手法,第13回SICE システムインテグレーション部門講演会 (SI2012),2K3-1,2012,12月
  • 伊藤慶一郎,朝山智史,菅野重樹,中村京太,春成伸之,森村尚登,岩田浩康,低輝度集合解析を用いた臓器境界判定による内出血貯留検出手法,第13回SICE システムインテグレーション部門講演会 (SI2012),3K4-2,2012,12月
  • 亀﨑允啓,石井孝洋,岩田浩康,菅野重樹:"操作型作業機械の知能化 ~第9 報:操作・負荷フラグの時系列遷移を利用した物体把持・非把持推定~に関する研究":第13回SICE システムインテグレーション部門講演会
  • (SI2012),1A1-1,2012,12月
  • Z. TANG,S. SUGANO,H. IWATA:Development of a portable and MRI Compatible Hand Exoskeleton for Finger Rehabilitation,第30回日本ロボット学会学術講演会論文集 (RSJ'12),2012,9月
  • W. WANG,Z. ZHANG,Y. SUGA, H. IWATA,S. SUGANO,Towards Intuitive Manipulation of an Assistive Robotic Arm for Human Living Support,第30回日本ロボット学会学術講演会論文集 (RSJ'12),AC2D2-3,2012,9月
  • 亀﨑允啓,橋本諭,岩田浩康,菅野重樹:操作型作業機械の知能化に関する研究~第8報:手先位置頻度マップを用いた大局的作業傾向の可視化~,第30回日本ロボット学会学術講演会論文集 (RSJ'12),3L2-2,2012,9月
  • 後濱龍太,岩田浩康:健康維持のための習慣的運動を動機づけるBF 体操システムの開発,第40回日本バイオフィードバック学会学術総会,OP4-4,2012,6月
  • 亀﨑允啓,岩田浩康,菅野重樹:操作型作業機械の知能化に関する研究~第7報:時系列遷移情報の利用による基底作業状態の識別性能向上~,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2012論文集 (Robomec'12),1A2-F02,2012,5月
  • 張哲明,汪偉,岩田浩康,菅野重樹:車椅子搭載型ロボットアームを操作するための 6 自由度 オーラルインターフェースの開発,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2012論文集 (Robomec'12),2A1-V06,2012,5月
  • 伊藤慶一郎,鶴田功一,朝山智史,菅野重樹,中村京太,岩田浩康:腹部血管変位下における非侵襲的血流量計測手法に関する研究-血管横断面の形状比較に基づく計測誤差抑制手法-,日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2012論文集 (Robomec'12),1P1-O05,2012,5月
  • 藤倉理詠,菅岩泰亮,江﨑佳奈子,小島康平,岩田浩康,菅野重樹:受動柔軟ハンドのための把持計画手法 ~複数関節のばね進展バランスを考慮した指姿勢決定~,日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2012論文集 (Robomec'12),1P1-J04,2012,5月
  • 清水俊雅,番匠雄介,菅岩泰亮,岩田浩康,菅野重樹:RTシステムによる起立支援に関する研究 ~動作抵抗の変化による個人対応を考慮した動作教示~,日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2012論文集 (Robomec'12),1A2-U10,2012,5月
  • 岩田浩康,飯田翔太郎.飯村直之,菅原志門,菅野重樹:体性感覚バイオフィードバックに基づくリハビリ支援システム,日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2012論文集 (Robomec'12),1A2-M06,2012,5月
  • 岩田浩康,飯村直之,飯田翔太郎,佐藤慶彦,菅野重樹:触覚バイオフィードバックに基づくリハビリ歩行支援システム,日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2012論文集 (Robomec'12),1A2-M07,2012,5月
  • 後濱龍太,菅野重樹,岩田浩康:創発的バイオフィードバック体操による運動継続支援手法の構築,日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2012論文集 (Robomec'12),1A2-T10,2012,5月

Patent

  • 岩田 浩康,後濱 龍太:運動継続支援システム、運動誘引情報生成装置及びプログラム,特願2012-119350,2012,5月25日

Invited Lectures

  • Hiroyasu Iwata:Robot Technology Assisted Emergency Medicine,Future Trends in Medical and Rehabilitation Robotics - Methodical Robotics -,2012,6月24日
  • 岩田浩康:人と共生する次世代ロボット最前線,東京都中央区立教育センター・ロボット教室,2012,6月30日
  • 岩田浩康:人の生活・生命に寄り添う次世代ロボット,東葛飾高校・模擬講義,2012,7月12日
  • 岩田浩康:人と共生するロボット開発最前線 ,早稲田大学オープンキャンパス・模擬講義,2012,8月4日
  • 岩田浩康:世界初! 救急救命ロボット,早稲田大学オープンキャンパス・模擬講義,2012,8月5日
  • 岩田浩康:次世代ロボットの最新動向、科学技術の光と影,オープンカレッジ 「人の生活・生命に寄り添う機械のデザインを考える」第1回,2012,7月30日
  • 岩田浩康:家事・介助ができる生活支援ロボット,オープンカレッジ 「人の生活・生命に寄り添う機械のデザインを考える」第2回,2012,8月6日
  • 岩田浩康:テクノロジーで支援するリハビリテーション,オープンカレッジ 「人の生活・生命に寄り添う機械のデザインを考える」第3回,2012,8月20日
  • 岩田浩康:救急救命支援ロボット,オープンカレッジ 「人の生活・生命に寄り添う機械のデザインを考える」第4回,2012,8月27日
  • 岩田浩康:"New RT Challenge: Towards ""Emergency Medicine Engineering",Taiwan Industrial Technology Research Institute and Waseda University Joint Symposium,2012,10月15日

Demonstrations

  • ブース出展,「脳卒中リハのための知覚共感装具」,医療分野「W-15」,イノベーションジャパン2012-大学見本市,内閣府・JST・NEDO,参加者22,992名,東京国際フォーラム,東京,2012年9月27日~28日
  • ブース出展,「スーパービジョンに勝てますか?~探す・透かす・見抜く達人対決~」,大学進学フェスタ2012,神奈川新聞社・中萬学院,参加者5,300名,パシフィコ横浜,神奈川,2012年9月22日
  • ブース出展,「ブラシが走り出す? ~お掃除もできるデコロボを作ってみよう~」,大学進学フェスタ2012,神奈川新聞社・中萬学院,参加者5,300名,パシフィコ横浜,神奈川,2012年9月22日
  • ブース出展,「錯覚体験 あんびりーばぼー! ~今日あなたの脳はだまされる~」,大学進学フェスタ2012,神奈川新聞社・中萬学院,参加者5,300名,パシフィコ横浜,神奈川,2012年9月22日
  • ブース出展,「20分で卓上の電子オルガンが 作れちゃう?!」,大学進学フェスタ2012,神奈川新聞社・中萬学院,参加者5,300名,パシフィコ横浜,神奈川,2012年9月22日
  • ブース出展,「救急救命ロボット」,早稲田大学 オープンキャンパス,早稲田大学 理工学術院,参加者13,247名,早稲田大学西早稲田キャンパス,東京,2012年8月4日~5日
  • ブース出展,「救急救命ロボット」,早稲田大学 オープンキャンパス,早稲田大学 理工学術院,参加者13,247名,早稲田大学西早稲田キャンパス,東京,2012年8月4日~5日

News Articles / Reports / Interviews

  • 『塔』,岩田浩康,「求めよ、さらば与えられん!」,大学1年生向けの研究紹介とメッセージが写真付きで掲載,早稲田大学理工学術院,vol.88,p.11,2013年3月
  • 日本ロボット学会,第30回日本ロボット学会学術講演会スペシャルセッション「日本ロボット学会の次世代構想」における講演資料が紹介 (PDFで講演内容をDL可能),2013年3月31日配信中
    http://www.rsj.or.jp/databox/committees/g30-rsj-next.pdf
  • イノベーションジャパン2012-大学見本市,岩田研より出展した『医療分野「W-15」:脳卒中リハのための知覚共感装具』に関して技術の概要や展示の見どころが紹介,2013年3月31日配信
  • http://www.jst.go.jp/tt/fair/ij2012/list/exhibitor_detail/ed10588.html

Other

  • 東京書籍・開隆堂,「ハンドノート」「技術・家庭ノート(技術分野)」「新技術・家庭科総合資料」,2012,4月1日
  • オーガナイザ・司会,「手術ナビゲーションはどこまで進化したか?」,特別ワークショップ,第25回日本内視鏡外科学会総会,日本内視鏡外科学会,参加者100名(総計4,300名),パシフィコ横浜,横浜,2012年12月8日
  • 第2回身体知研究会(共催:早稲田大学岩田研究室,国立情報学研究所古山研究室),「身体運動研究における“Synergy”概念とその含意」,講師:児玉謙太郎(国立情報学研究所),参加者6名,早稲田大学グリーンコンピューティングシステム研究機構,2013年3月26日
  • 第1回身体知研究会(共催:早稲田大学岩田研究室,国立情報学研究所古山研究室),「身体知とは?」,講師:児玉謙太郎(国立情報学研究所),参加者6名,早稲田大学グリーンコンピューティングシステム研究機構,2013年2月17日
  • 研究会主催,「認知神経リハビリテーションの基礎理論と実際」,講師:室井大佑・安田真章(首都大学東京大学院,千葉県認知神経リハビリテーション研究会理事),参加者7名,早稲田大学グリーンコンピューティングシステム研究機構,2013年1月29日
  • 研究会主催,「臨床動作法による身体の自己コントロール向上を目的としたプログラムの実践」,講師:三好英次(東京国際大学),参加者5名,早稲田大学グリーンコンピューティングシステム研究機構,2012年8月28日